禿げやすい髪質

禿げやすい髪質ってあるのか

結論から言うと、これがあるんですね。

 

禿げやすい髪質というとまず、軟毛があります。

 

それと同様にくせ毛も思い浮かびますが、くせ毛は禿げやすいものと禿げにくいものに分けられます。

 

子供の頃は直毛だったが、大人になったらくせ毛になった

というようなくせ毛は禿げにくいタイプです。

 

これは大人になり髪質がしっかりと硬くなることで、髪の捻じれやくせがハッキリと表れるようになったことによります。

 

このタイプは髪が硬く頭皮も丈夫なことが多いので、禿げにくい髪質だと言えます。

 

加齢が気になり出す頃にくせ毛になったというくせ毛

残念ながら禿げやすいタイプと言えます。

 

これは加齢や健康状態、頭皮環境などにより髪が急激に細くなったことで、髪にくせがつきやすくなったためと考えられます。

 

細い髪はどうしても弱く、頭皮環境の悪化などもあると更に禿げやすい状態だと言えます。

 

では禿げやすいくせ毛はどうしたらいい?

頭皮が乾燥したり弛んだりすると毛穴も影響を受けます。

 

毛穴の状態が悪くなると毛髪内の構成が乱れてしまい、それが髪の歪み、つまりくせ毛になるのです。

 

また、くせ毛の場合は髪の水分が少ないので、梅雨や雨の日など湿気が多いと髪が水分を吸ってしまいくせが強くなる傾向があります。

 

対策としては頭皮環境の改善と体の健康管理です。

 

頭皮の乾燥を防ぐことで水分があるしなやかで強い髪になり、健康でいることで皮脂を抑え髪に栄養を与えます。

 

健康状態も髪質に影響するので、頭皮ケアはもちろん体の健康にも気を使うことが大切です。

 

薄毛は治るのか

薄毛は遺伝だから治らないと言われますが、でもそれって本当?
その根拠はどこから来ているの?

 

薄毛は治らないと言われると、つい上のようにムキになりますが、でも大丈夫!薄毛は治せるのです。

 

でも、それは、増毛や育毛というような市販の一般的なものとは少し異なります。薄毛は、AGAという病気が起因しているといわれています。

 

その検査も簡単です。
頭部の撮影、そして診断ですぐにわかります。

 

また、増毛には強めの薬を使用しますので、その薬が本当に合っているのかを判断する血液検査も行ってくれます。

 

この血液検査がしっかりできるのもAGAクリニックならではのこと。

 

また、F.M.L(近未来医療研究会)というものが結成され各分野の専門家によって、このAGAを直す取り組みがなされています。

 

まだまだ薄毛は自由診療といわれる保険適用外の治療です。

 

その治療にはいくらくらいかかるのでしょうか。

 

初診料は、1万円前後が一般的なようです。
その後月1回の診療と医薬品の処方で約3万円前後。

 

高いですね。
薄毛に悩んでいる人も多いのでいつか、保険適用の治療になればいいのにと思います。

 

増毛もそうですが、もっと料金を抑えることができれば言うことなしなのですが、スヴェンソンの料金は比較的お求めやすいですよ。

 

関連ページ

白髪多い人は禿げやすい?
白髪多い人は禿げやすい?って本当なのか?検証しています。
育毛と発毛の違い!agaに育毛剤は効果あるのか
育毛と発毛の違いやagaに育毛剤が本当に効果があるのか、また、髪に良い食べ物など、育毛&発毛に必要不可欠なことを掲載中です。本気で改善したいのなら、ご覧ください。
増毛スプレーで薄毛を隠すことはできるのか
増毛スプレー「アートミクロンプラビ」で薄毛を隠すことが出来るのか、増毛スプレーの特性やアートミクロンプラビの特徴なども併せて解説しています。
頭皮のオイルマッサージで育毛効果はあるのかを実践中!
頭皮のオイルマッサージで育毛効果はあるのか?ということで、実際オイルでマッサージ実践をされている方の口コミを掲載しました。