スベンソン増毛は蒸れる、それとも蒸れない!?

スベンソンの増毛法は蒸れるのか、それとも蒸れない?

 スベンソンの増毛法は蒸れません!

 

スベンソンの増毛法が蒸れない理由は2つ

  1. 『通気性』
  2. 『清潔さ』

 

通気性が良く、着けたまま洗髪できることからスベンソンの増毛は蒸れないと好評を得ています。
これは、スベンソン増毛の大きな特徴です。

 

増毛にはかつらもありますが、こちらは気軽に装着できるメリットはあるものの、やはり蒸れやすいのも特徴です。

 

気軽に装着できる点は優れていますが、人前で外すわけにはいきません。

 

最近のかつらも進歩が速いので、耐久性に優れていて不自然なかつらも少なく品質も良いです。
しかし、やはりかぶり物であるため蒸れやすいという弱点は存在します。

 

通気性に優れているということは、湿気が籠らず汗が発散されるということです。
風通しを良くしておくことで地肌のベタつきを防げるので、臭いや痒み、かぶれを抑えることができます。

 

また、着けたまま洗髪できるということも増毛法の大きな利点です。

 

皮脂などを洗い流すためには、シャンプーを使って洗髪することが大切ですが、毛髪製品を着けたまま普段通りに洗えるという手軽さでありながら、製品だけでなく自毛と地肌まで洗え、清潔さをキープできるのです。

 

このようなわけで、スベンソンの増毛法は蒸れを防ぎ、快適に生活できるようになっています。

 

ただ、スベンソンでは毛髪製品を自毛に編み込むという方式を採用していますが、この編み込み部分が蒸れる、跡が残るという声も中にはあるようです。

 

なぜ蒸れると良くないのか

 

 

説明する男性

頭は想像以上に汗をかく部位です。
そのため、接着剤で頭皮に貼るタイプの一般的な製品は、湿気が籠り蒸れてしまいます。

 

湿気が籠ると細菌が湧き、臭うようになってしまいます。
細菌は臭いのほかにも痒みやベタつきを引き起こします。

 

これは頭皮にもダメージを与えるので、抜け毛に繋がる大問題となります。

 

頭皮には『通気性』と『清潔さ』が大切!

細菌は汗を栄養として繁殖します。
そして細菌が繁殖する時に臭い物質が放出されます。

 

“蒸れている”というのは、湿気が多く細菌の繁殖に適した環境になっている状態です。
つまり、細菌の繁殖を防ぐには、蒸れない状態にすることが大切であり、蒸れない状態にするには、『通気性』と『清潔さ』が大切ということになります。

 

以上のようなことから、蒸れずに清潔に保てるよう仕上げられたスベンソンの増毛法はとても優れていると、わかって頂けるのではないでしょうか。

 

スベンソン口コミはこちらスベンソン増毛法資料はこちら