育毛と発毛の違い

育毛と発毛の違いについて

育毛と発毛は混同して使われることが多いですが、実際は意味が違います。

 

育毛とは

健康な毛髪を維持し、脱毛を予防することを意味します。正常なヘアサイクルを保ち、脱毛因子の働きを抑制して頭皮の健康状態を維持していきます。

 

毛根が丈夫なうちから意識して予防していくことが大切。毛が薄くなりつつある状態でもとに戻す時にも使われます。

 

発毛

一方、発毛とは、脱毛が進行して弱体化した毛根から新たな毛髪が生えてくることを意味します。

 

AGAなどの影響で毛根がほとんど機能しなくなった状態から実際に自毛が再生されていくことが発毛になります。

 

発毛促進させる↓↓もおすすめです。

 

 

それらを踏まえた上で、育毛剤と発毛剤があるので発毛を促進したいのであれば、育毛剤はさほど効果がないと言えるでしょう。

 

 

育毛剤と発毛剤を使い分けるのがポイント

育毛剤と発毛剤

育毛剤はセンブリやサイトプロンなど、毛母細胞に働きかけて存在している毛を丈夫にする働きがあります。他にも血流を拡張させたり、頭皮の血流の流れを良くしたり、脱毛因子の働きを阻害したりします。

 

代表的な有効成分は約9つあるため、自分の頭皮に合わせた育毛剤を選ぶことが大切です。

 

一方、発毛剤はリアップとプロペシアが代表的なものとなります。リアップはミノキシジルを主成分としています。

 

発毛剤は、休止期にいる毛髪を成長期に移行することを促す働きがありますので、毛が生えなくなった毛根から毛を生やすことを目的とします。

 

それぞれ、有効成分や効果が異なります。複数使うことで効果が上昇することもありますが、使いすぎることで悪影響を受けることもあるため、慎重に使う必要があります。

 

では、agaに育毛剤は効果があるのでしょうか?

育毛剤は、現在様々な商品が発売されていますが、有効成分もそれぞれ違います。

 

一人一人の頭皮の状態に合わせて買わないと逆効果になるため、注意が必要です。いくつかの種類に分かれます。

 

血行を促進させることを目的とした育毛剤

髪の成長のためには栄養が必要ですが、髪まで十分な栄養が運ばれるためには、頭皮の血行が良好であることが条件です。

 

血管に働きかけて、血行を良くします。aga用の薬として有名なミノキシジルや塩化カルプロニウム、ビタミンE、セファランチンなどがこのカテゴリーに当てはまります。

 

毛母細胞に働きかけて、育毛を促進させることを目的としたもの

毛母細胞を含めた毛球は、毛の成長のためには欠かせないものであるため、働きかけることで育毛を促進させます。

 

ビタミンHやチクセツニンジン、ペンタデカン酸グリセリドなどが当てはまります。これらの成分が入っている育毛剤を買うのが良いです。

 

頭皮殺菌を目的とした育毛剤

頭皮についた菌から炎症が起き、抜け毛につながるため殺菌することが大切です。ヒノキチオールやイソプロピルフェノールなどがあります。

 

脂質除去を目的としたもの

過剰な資質は毛根に詰まり、炎症を引き起こします。予防面が強いと言えます。ビタミン6やカシュウ、イオウなどがあります。

 

髪の成長に欠かせない栄養を補給する育毛剤

アセチルメチオニンやイノシトールなどがあります。

 

このように、育毛剤と言っても様々です。自分の頭皮の状態に合わせて育毛剤を選ぶことが大切になってきます。

 

ですが、継続して行えば、まったく効果がないわけではありませんが、根本的な治療法にはなりません。市販品の育毛剤では、AGAの進行を遅らせる程度の認識で宜しいかと思います。

 

毛髪に良い食べ物

髪に良い食べ物

まず、思い浮かぶのが肉ではなく野菜でしょう。確かに肉は脂肪の大量摂取によって毛穴に脂質が詰まりやすくなります。

 

それが、髪の成長を止める原因になり血行不良を起こしてしまう。そうなると、髪の成長に悪い影響を与え、薄毛や抜け毛の原因に。それでも、肉が食べたい方は最大でも1日1食にした方が無難。

 

なお、亜鉛や鉄分が多く含まれている豚レバーや、タンパク質の約30%を占めるコラーゲンが多く含まれている、牛タンや牛テールなどもおすすめ。しかし、偏った食生活は好ましくありません。野菜を取り入れてバランスよく摂取するよう心がけましょう。

 

野菜にはビタミンが豊富です。脂肪の分解を促進します肉好きの方は、意識して多く摂るようにしたいところ。

 

特に野菜の中でも、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜やビタミンAが多い果物、そして、セロリや大根、トマト、タケノコなどに含まれているビタミンEやビタミンCも血行の障害を防ぎ、髪や頭皮にとって必要な栄養素になります。

 

また、米もいいですね。髪はタンパク質で構成されている為、米の良質なタンパク質を摂る事はとても重要です。

 

更に、魚介類は髪を保護するアミノ酸がたくさん含まれている為、髪の成長に効果があります。亜鉛や銅、マグネシウムなど髪が生成される時に必要な成分もたくさん含まれています。

 

これらの他にも、脳内の神経細胞の働きが低下して、髪の形成がおろそかになって脱毛が進むとされるカルシウム不足。カルシウムを多く含む食品といえば牛乳などの乳製品ですが、こちらも意識して摂りたい食品です。

 

 

スヴェンソンの増毛はこちら

 

 

こちら スヴェンソンの公式はこちらからどうぞ。

スヴェンソン

 

 

こちら

 

 

関連ページ

禿げやすい髪質
禿げはどうやって決められるのでしょう?遺伝?髪質?禿げやすい髪質があるとするなら...
白髪多い人は禿げやすい?
白髪多い人は禿げやすい?って本当なのか?検証しています。
増毛スプレーで薄毛を隠すことはできるのか
増毛スプレー「アートミクロンプラビ」で薄毛を隠すことが出来るのか、増毛スプレーの特性やアートミクロンプラビの特徴なども併せて解説しています。
頭皮のオイルマッサージで育毛効果はあるのかを実践中!
頭皮のオイルマッサージで育毛効果はあるのか?ということで、実際オイルでマッサージ実践をされている方の口コミを掲載しました。
髪の寿命って何年もつの?髪の毛が生えるスピードの違いは?
髪の寿命って何年もつのか、また髪の毛が生えるスピードの違いやヤバい抜け毛と正常な抜け毛の違いについても掲載しています。
10cm髪の毛を伸ばすのに一体何カ月かかるのか検証
ヘアサイクルから10cm髪の毛を伸ばすのに一体何カ月かかるのかを検証しました。正常なヘアサイクルを知れば、それに合わせた育毛対策も可能ですね。